資産運用を上手にできるコツ|初心者でもできる

ゴルファーのステータス

ゴルフボール

資産として所有

コースで優先的にプレーできるゴルフ会員権は、実用的に役立つだけでなく、ゴルファーのステータスシンボルにもなります。かつてはプレー頻度が高くないゴルファーでも、しばしば自己満足のためにゴルフ会員権を購入していました。また不動産と同じで価値が下がりにくいという特徴があり、まったくプレーしない人でも、資産としてゴルフ会員権を所有するケースがありました。かつてのようなブームは影を潜めましたが、現在でも本格的にプレーを楽しみたいゴルファーの間で、ゴルフ会員権は人気のある商品です。価格帯には大きな幅があり、やはり名門コースは今でも高額で売買されます。自分でプレーするなら、交通の便が良いコースを選ぶことが大切です。

上昇に転じる物件も

バブル時代にはゴルフ会員権に億単位の値段がついたことも珍しくありませんでした。しかしバブルが崩壊するとともに、ゴルフ会員権の価値は急速に下落し、当時1億円だった物件が、今では数百万円まで下がっているケースもあります。ただし近年では景気の回復傾向に合わせて、再び上昇に転じている物件もあり、今後は相場が徐々に上がっていくと予想する声も聞かれます。往時は一部の富裕層だけのものという観のあったゴルフ会員権ですが、現在は一般のサラリーマンでも買えるようになっています。特に都市の近郊で、価格の比較的安い物件には人気があります。プレーを目的とするだけでなく、投資目的でゴルフ会員権を購入するのも面白いでしょう。