最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
  • 金塊
  • 沢山のお金を持つ女性

消費税増税分儲かる

投資セミナーの環境

純金積立を資産運用のために毎月購入するときに消費税がかかります。
しかし、純金を売却するときも証券会社に純金を買い取ってもらうことになりますので、純金の買い取り価格にプラスして消費税分が上乗せして受け取ることになりますので、結果的には消費税はかからないことになります。
純金積立をはじめてことの消費税率が8%であったとすると、その後に法改正が行われて消費税率が上がった場合は、その増税分上乗せして高く売れることになります。

純金積立への投資
一時代前と違って、インターネットが急激に発達したことやバブル崩壊から貯金(定期預金など)だけでは十分なお金が作り出せなくなってきました。
この数年で株式投資やFXといった方法での資産運用、さらには貴金属の一つである純金積立も目を向けられるようになってきました。
金は数に限りがあることから、紙幣のように無価値になることがない部分が良い部分ではないでしょうか。
ただ、金を買って積み立てると聞いてもピンとこないことのほうが多いと思われますが。

積立に対する考え方
株式やFXと同じように、純金も日に日に価値が変わるものですから、投資にはリスクがつきものということを意識しないといけないことから始まります。
つまり、余裕ある資金を運用していくことがまず手始めとなるわけです。
資産運用は必ず自分の資金が増え続けるわけではないのですから。
今の時代はネットですぐにどこの会社で口座を開設して積立すれば自分にあったやり方か比較できるようになったところがありますので、それも考慮してまずは無理のない範囲での資産運用を心がけることからスタートです。

小額の積立から勉強
会社によっては1,000円から積立てられるところもあります。
だいたいのところがドル・コスト方という形をとっていますが。
小額から始めてみて、自分なりに本などで勉強して投資のタイミングを図ったうえで、資金投入に強弱をつけてやるのも一つの手段ですが、もちろんリスクを伴います。
資産運用で大きく弾ませたい方はそれなりのリスクといったところです。
手の届く範囲を大きくするのも方法ですが、継続的にこつこつと毎月定額で積立を行うのも今後を考えたときにいい手段と言えます。
始めるタイミングを間違えないようにすることが必要となってきますが。

カレンダー
August 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031